スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.01.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フィギュアスケートの顔

 
 フィギュアスケートの顔
↓ランキングに参加しています。
↓クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村

十四 練兵場兵舎

 伯爵低から宮殿に向かいます。この世界で生きていくのでしょうか? このおはなしを最初から読んで見たいと思われる方は、左のcategoriesから、『パール・ストリングス - 小説』に入って、さかのぼってくださいね。よろしくお願いします。

--------------------------------------------------
■ 十四 練兵場兵舎
--------------------------------------------------

 ―マックダリアン伯爵の率いる馬車数台。その前列の馬車に三人は乗っていた。
「します、されます、いたします。思います、お思いになられます、存じます。知っています、ご存知になられます、存じます。食べます、召し上がります、いただきます……」
 サツキはぶつぶつと繰り返していた。
 サツキと弥生は、ダリアン邸では作業着のダブリエを着ていたが、今日は絹とジョーゼットのドレスを着て、その上にケープをはおり、すっかりパール国人らしくなっている。高校生姿の彼らに比べずいぶんと落ちついてみえた。
「サツキは勉強熱心ね。あっ、マリー・サツキ・ド・ラ・ビーア嬢と呼ばなきゃならないんだっけ?」
 弥生はいつもながら感心していた。
 サツキはダリアン邸で学んだことを復習しているのだった。紙に書いたものをビリビリに破いて、
「うん、これで覚えたことにしておこう」
 そう言って、サツキは、弥生を、正式な名前で呼びかけ、
「アンヌ・ヤヨイ・ド・ラ・ビーアさん、他に文字の書いた紙は持ってない? わたしたちの世界の文字を人に見られないように、と厳重に注意されたものね。それにしてもパール国の文字。だいぶ覚えたけれど、おとなの書くものは、てんで読めない」
 サツキは不安な顔色を示した。
 のんきそうな弥生は馬車の窓から外を眺めていた。
「サツキはスポークスマン。わたしはなんだろ。ホームシックのぼやきマンか? あの太陽、二つもあるなんてやだ。ああ、Sの苺ケーキ食べたいなあ……」
「太るよ」
「季節限定の苺だいふく食べた?」
「食べなかった」
「わたしも。こんなことなら食べておけばよかった。生クリームたっぷり!」
「宮殿に行けば、また、おいしいものにありつけるさ。ドリアン家のデザートもすごかったじゃないか」
 と、葉月が横から口をはさむ。細い手でマントの留め金をはずして首もとをゆるめると、中から刺しゅうのある派手なレース襟がのぞいた。
 パール国は身分上下の違いが厳しい。『男らしさ女らしさ』を求めての厳格なルールが設けられている。葉月はそれを聞かされていたので、恐れをなして、なるべく男らしく振舞おうとしていた。女装でもしようものなら牢屋に入れられ、鞭打ちの刑は免れない。顔にも傷跡が残るように故意に打たれるのだという。
 葉月は、サツキと弥生とは血がつながっていて腹違いの弟、ジャン・ハヅキ・ド・ラ・ビーア子爵、と称していた。この子爵は、女の子になりたい願望を、以前よりも、深く深く胸の底に秘めたまま、憂い顔で口元をきりりと結んでいるのであった。


おもろい顔


 ぬ〜〜〜

 ゴロウちゃん、おじいさんみたいな顔してる・・w


 ぬぬ〜〜〜。ガラスに止まっている虫に狙いを定めているところです。


 室内にいる猫と、外に止まっている虫。ガラス越しに撮影しています。

 この後、取れないと悟ったようで、


 沈んでる様子かな?

 と思うでしょ。実はトイレをもよおしていました。w

↓ランキングに参加しています。
↓クリックで応援お願いします。
↓クリックすると別ウインドウが出てカウントされます。
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村

はないちもんめ

  パソコンの前にいらっっしゃるみなさん、今日もおつかれさまです。西日本。春はもうすぐと言う感じでござりますぅ〜♪ ブログはじめて、丸々5ヶ月が経とうとしています。金魚たちが元気なうちに画像にしておこうと張り切ってます。

 リンクも充実しました。リンクさせていただいた方々、ありがとうございます。飼育に関する知恵もたくさんあって、勉強になります。わたしが飼うと必ずマツカサになるというトラウマが、ようやく癒され飼育にも自信がつき始めてる今日この頃です。

 それでは、おともだちの会話に耳を傾けてみましょう!

 LET'S GO !


 シマ 「今日は、はないちもんめ、するって・・」
 リュウ 「ああ・・そう・・」
 ダイ 「ん? ごはん、ない?」


 ダイ 「はないちもんめ、やるって、おいでよ。ニキビかゆいー」
 クロ 「なぬー。女の子の遊びじゃん」
 サブロー 「ぼくたち男の子ー」

 さあ、そんなこといわず、二手に分かれるのよ・・。


 かーって、うれちい、はないちもんめっ♪


 まけーて、くやちい、はないちもんめっ♪ めっ♪


 シマちゃんが、ほしい♪


 リュウちゃんがほしい・・・相談しましょ

 ・・そうしましょ♪


 リュウ 「わたし?」
 イチロー 「そうらしいね・・じゃ・・どくよ」


 シマ 「リュウちゃん、勝負だ」
 リュウ 「どうやって、引っ張ればいいの・・?」

↓ランキングに参加しています。
↓クリックで応援お願いします。
↓クリックすると別ウインドウが出てカウントされます。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

虫とりたい!


 夜ですね。外のメダカタライがぼんやり見えますが、その隣においてある亀ケースは見えません。るこさんお気に入りのアジアンタム、水やり足らなくて枯れましたが、芽が出て回復しつつあるのが見受けられます。


 おや・・ゴロウくんです。トイレでしょうか・・?

 最近、猫のトイレを外の軒の下に設置しましたが、自主的に行ってくれるようになりました。


 ガラスが鏡みたい。自分の美しい姿に見とれてるの? このー! ナルシストめー!


 おや?


 虫です!


 ゴロウくんの手が・・


 でも、だめでした。虫はガラスの向こう側。。。

 ↓ランキングに参加しています。
↓クリックで応援お願いします。
↓クリックすると別ウインドウが出てカウントされます。
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村

写させて〜

 
 お〜ぃ! みなさ〜ん。こっちおいでよ〜。写真撮らせて〜


 おお・・ここか・・みんな、かわいいね〜


 ダイくん登場。あらら、頭のニキビだいじょうぶ?

 リュウ 「ねえ・・るこさん、水換えするの?」

 しないよ・・。決められた曜日以外は、かんべんしてね・・


 みんな、何考えてるのかな・・? ぼーっとしてるだけ?


 ダイ 「今日はぼくたちにセリフつけないの?」

 うーん・・なんも思い浮かばなくてさ・・画像はきれいだから捨てたくないもんね。


 ダイ 「そう・・んじゃ、またね〜」

 はーい・・またね〜(^.^)

↓ランキングに参加しています。
↓クリックで応援お願いします。
↓クリックすると別ウインドウが出てカウントされます。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

カメムシが気になる猫


 ガラスドアにカメムシがとまっています。撮影は外からしました。

↓ランキングに参加しています。
↓クリックで応援お願いします。
↓クリックすると別ウインドウが出てカウントされます。
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村

十三 ダリアンの館

 ようやくパニックから逃れて、伯爵家での滞在です。 

--------------------------------------------------
■ 十三 ダリアンの館
--------------------------------------------------

 ―その老人ことダリアン・ド・ラ・シャーウッド伯爵はこの森一帯の領主でアーモンドの木に囲まれた邸宅に住んでいた。桜に似た花を咲かせるアーモンドはいまや花盛り。桃色の絵の具をふんだんに使った絵画のような景色で広い敷地の庭は手入れが行き届いていた。生垣として薔薇がいたるところに這わしてあった。もうじきたくさんの蕾をつけて咲きほこるのだという。春の陽気を提供してくれる二つの太陽は仲良く空に輝いていた。
 ―弥生は熱もひきすっかりよくなっていた。弥生は白の部屋着姿がとても可憐でベッドに横になっていた。また、ベッドのそばには、こぎれいな格好のすっかり麗しくなったサツキが座っていた。
「おはよう。気分はどう? 食事を持ってきたよ」
「ありがとう」
 弥生は食欲も出てきてる様子だ。
「近いうち王様のところに連れて行かれるらしい」
「王様? お城?」
「宮殿だそうだよ。ダリアンさんの息子が宮殿から休暇で戻ってくる。その人に連れて行かれる予定」
「うちへは帰れないのね」
 弥生の顔は少し青ざめていた。
「バレーショ山に行けとあったから、そこへたどり着ければ何とかね。宮殿で手がかりつかめるかもしれない」
 サツキは弥生をがっかりさせず元気づけようとして、バレーショ山が地の果てにあるなどとは言わずに伏せていた。
「葉月はどこ?」
「水汲みの手伝い。男が女の格好するのは、この国では禁じられてるんだって。牢屋に入れられるほど厳しい掟らしい。男は男らしく女は女らしく振舞わなくてはいけない。葉月のやつ、あのメイドの衣装、すっごく似合ってたのにね」
「あの神秘はどこからやってくるんだろう?」
「あっぱれな葉月に、大扉も仕方なく、いや、本気で参ってたね」
「わたしんときは、まったく失礼!」
「途中で待ったかけたもんね。扉のあいつ、弥生が素っ裸になるの期待してたよ。ムカつくったらありゃしない!」
「そうだった? だけど、葉月みたいに仕草だけで落としてみたいな」
「葉月は胸ないから、相手から見えないようにさかんに位置を意識して動いてた」
「見事だったわ、ほんとに」
「でも……ひょっとしたら、扉はゲイ?」
「葉月が男と見てハートが射抜かれたんだとしたら?」
「やだあ! 葉月を男にもっていかれるなんてわたし許さないよう」


探しても・・ないよ


 クロちゃんは、おいしいものがないかどうか、探しています。


 イチロー 「探しても・・ないよ」
 クロ 「なんかいいにおいがするんだよ」


 イチロー 「そうか・・?」
 クロ 「うん・・・つく・・つくつく・・・」


 イチロー 「まっ、気長にやってろや」
 クロ 「えええ! 付き合ってくれないの・・?」


 イチロー 「わかったよ・・しかたないな、つくつく、してやるよ」
 クロ 「そう、こなくっちゃな」
 リュウ 「わたしは・・もういい・・」


 クロ 「リュウちゃん・・そこ・・どけてみろ」
 リュウ 「わあ・・押しのけるな・・」
 イチロー 「クロちゃん、食べ物のことになると力強くなるからな」


 リュウ 「もう・・クロちゃんは、まてー!」
 クロ 「にげろー」
 ダイ 「ごはん、あんの?」
 サブロー 「きみら、オレの分まで食い尽くしただろうが・・だから、ないよ」

↓ランキングに参加しています。
↓クリックで応援お願いします。
↓クリックすると別ウインドウが出てカウントされます。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

コリドラスたち

 
 コリドラス・アエネウス・dark1 とかいう名前でした。2匹います。もう1匹はどこかにいます。パロツトファイアーとオトシンと同居してます。


 コケだらけのナナはカットして、流木にビニタイで巻きつけました。その側にアエネウスいますよ。赤コリは元気良くて、はじけるように泳いだり、時々餌くれよと出てきます。


 こちら、コリドラス・パンク。アエネウスよりも臆病です。パンクも2匹います。


 エンゼルとプレコとオトシンと暮らしています。


 プレコが入っている土管の外に隠れる、もう1匹のパンク。

 コリドラスも種類別に一緒にいますね。パンクとアエネウスが一緒の水槽にいたとき、パンクはパンク、アエネウスはアエネウスで固まってました。

↓ランキングに参加しています。
↓クリックで応援お願いします。
↓クリックすると別ウインドウが出てカウントされます。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

| 1/3PAGES | >>