スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.01.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

三 こころ

 葉月くんの「こころ」の中をのぞいてみよう・・

--------------------------------------------------
■ 三 こころ
--------------------------------------------------

 ―部活が終わるとネットカフェへ。週に一度はいつもこのコースだ。
 今日からサツキ、葉月、弥生に、図師が加わって四人となった。
 チャットができるソフトをインストールして、使い方を説明して、IDやパスワードの取得など詳しく教え合う。葉月はネット遊びはお手のもの。図師もくわしい。サツキは飲み込みが早い。それから、弥生、分かっても分からなくても、付き合いよく調子を合わせた。
 葉月のすばやいキーボード操作と弥生のキーラ・ナイトレイ級スマイルだった。
 気のきいた発言をする図師と悠然たる態度のサツキ。
 それは美しい絵巻物にして金の装丁を施し宝の箱に大切にそっと保存しておきたくなる程である。
 ―にわかに、流れるバラード音楽。耳を澄ますと心地よいメロディーライン。リードボーカルが、彼女の言葉は嘘かもしれない、と疑いの気持ちを切なく歌えば、バックコーラスが、はやしたてるように、彼女の言ったことだ、と爽やかな歌声で相手の気持ちを掻き立てる。鈴のパーカッション、それがリズムに合わせて小気味よく入る。カフェじゃなく星空の下ならば、うっとりとろけてしまうだろう。
 と、誰かの着メロが鳴る。図師が確かめるとメールだった。
 そして、図師は用事があるから一足先に帰ると言う。
「指輪の子か……?」と、サツキが探るように美しく大きな目を見開くと、
「彼女はいないし持ちたいとも思わない」と、図師は言ってのけた。
「それってデタラメ」
「今読んでる小説の主人公のセリフだよ。そんな風に超越できたらなあ。けれどそんなこと言う端から陰でこっそり不倫の恋愛してる。その彼女から手紙が来ないといって嘆いたりしながら」
「へえ。図師くんにはメールが来たわけだ」
「じゃねっ! 空手の練習」
「はーい」
 サツキたちは図師を見送った。
 ―しばらく後、サツキと弥生が帰ったところで葉月一人カフェに残った。

  ネット上、いつも行くサイトを開く。葉月専用のブログだ。彼は日記をつけている。コメント欄に一人記入していた。それに返事を書き、いつもの癖で制服のズボンのちりを払い新しい記事を書き始めた。
『―きいて、きいて、王子様を見つけちゃった。とってもキュートな子なんだぁ。
たかしくんて名前なんだ。いつも側にいたいなあ。
きれいなやさしい字を書く人で、空手もやってるんだって。すご〜い。
うふ、いっしょに歩いちゃいました。今日がその日。
お友達といっしょだったんだけど……隣に並んで歩いちゃった。
だから記念に日記つけてるんだ。じゃ〜ん、うれしいハッピーデイ!
でも今のわたしは……男の子の体だから男として接してる。しかたないよね。
心は女の子なのに体は男の子なんだよね。かなしいこの事実。
いつか、女の子のお洋服着て、香水もふんわりフェミニンに漂わせて、
隣に、たかしくんがいるの。ああ、想像しただけではずかしい。照れちゃう。
いつか、いつか、身も心もすべて女の子になれる日が来るといいなあ。
ええと……身だけ……こころはもう完璧女の子なんだもん。
でもさ、なぜ男の子で生まれてきたんだろう、なんでこんな体で。
こんなのってないよね。どうしてなの? 
どうして、こんなにめちゃくちゃ、死にたくなるくらい悩まないといけない?
どうして、わたしが、こんな苦しみを?
悩み苦しみ辛さは誰にでもあると思うけど、
性が違う……こんなヒドイ悩みをなぜ背負わされた!
泣いてもしょうがないよね。
わたしの心の中を誰かが見たら、物好きな者は笑うに違いないわ。
きっと面白がって……でも、いいもん!
笑って、その人が愉快でハッピーになれるのなら、
その時は喜んで、わたしが笑いを提供してあげるから!
今日はなんだか興奮しちゃった。
本当に涙まで出ちゃった。
ネットカフェの個室だから思いっきり書けた。
携帯からだと時間かかっちゃう。パソコンだね〜やっぱ。
うちはパソコン家族と共有だからリビングにあって、
パソコンしにくい環境なんだよね。
カフェはいいわあ。また書きに来ようっと。
今日はバイトはお休みなの。お部屋でお化粧して遊ぼう―』
 ―薄ピンク。
 ルージュをひいて唇がぬれた輝きになると、満足そうに、葉月は鏡の前でかすかに微笑んだ。美形だからかなりひきたつ。姿見のミラーが壁にかかっていた。その前に立つ。トレーナーを脱いでジーパン姿でタンクトップ一枚になった。首から肩それに腕そしてその先の手が……妙になまめかしい。脱いだ服の襟に化粧のファンデーションがくっついて汚れてしまった……が気にしない。さて、リップが落ちていないか、もう一度確認して、髪の毛も、景品でもらったというイチゴ柄のブラシで整える。かわいらしい耳たぶには先日開けたピアス。ピンクのガラス玉が光っていた。
 ポータブルCDで音楽を鳴らす。金魚にはワルツが似合うというのでムーンリバーをかけてた。葉月は金魚を大きな水槽で飼っている。ひらひらした長い尻尾がたまらないのだという。ワルツのメロディーに合わせて踊るとも思えないが、金魚の遊泳は音楽でなおさら優雅だった。
 けれども、葉月はヘッドフォンをつけて、ノリのいい音楽を聴いていた。
 ミラーに写る自分が思いっきりセクシーになれないかどうか、いろんな所作をしてみせる。視線も手の動きにも唇にもいろんな表情が出ないものかと模索していくのだ。女性よりももっと女性らしく。全身の動きにこまかい注意を行きとどかせる。入り込みすぎたのか、鏡に写る自分を見て戦慄を覚えると、そこで中断した。
 時計は十時を示していた。玄関の電話が鳴った。家族の者が出た。
 弥生からかもしれない! チャットの時間は九時と決めておいた。携帯の電源は切ったままだった。
 急いでルージュをとり、ピアスもとりはずした。
「幸久、電話だよ」
 やはりそうだ!
「あ、弥生。ゴメン」
「チャットでみんな待ってんのに」
「うん。今すぐパソコンつける。図師くんもいるの?」
「ちゃんとソフト入れたみたい。一回の説明でのみこめるなんて、すごいよね。わたしなんて、うちまで来てもらっていろいろしてもらって苦労したのに」
「うん、弥生。じゃ、数分後にネットで」
 チャットしていると時間がすぐに経つ。リアルタイムで次々と書き込んでは文字を通して話ができる。転々ばらばらに話題がそれまくってしまうこともあり、そんなもどかしさがまたおかしかったりする。それぞれがパソコンの画面に向かって笑いながら意思疎通がうまくいかずに制限あるところで交流を楽しむのだ。
 チャットのウインドとは別に、ブログのウインドを出して眺めていた葉月は、ネットカフェで投稿した記事にコメントがついているのを発見した。友達には一切知らせていないブログである。通りがかりの人が書いたに違いない。
 ―キモイよ、こいつ!
 たったそれだけの言葉であったが、葉月は全身から血の気がうせて青くなってしまった。中学の頃、いじめられた時の言葉と同じだった。自分が管理するブログなので削除してもよかったが、こんな失礼なやつが許せなくて返事をしてやった。
 ―どこが気持ち悪いのか教えてください。
 ブログは書いて次のコメントが入るまで時間がかかる。明日かいつか先で書いてくるか、また書き逃げなら永久に返事もないまま見送りになるだろう。
 仲間たちとのチャットに戻ると相変わらずじゃれあいの会話が延々と続きそうな気配だ。サツキと弥生、先天的おしゃべり人間ふたりの会話に、文章力と表現力ある図師はうまく組み込まれて賑わいを見せていた。どんどんスクロールされて行く。
 葉月が書いてこないので、気になる弥生は声をかける。『いるよ。読んでるよ』とチャットに入れておく葉月だったが、さっきのブログの書き込みがとても気になって暗くなってしまった。
 ブログのページを、更新ボタンで更新してみた。なんと、また同じ人物からコメントが入っている。コメントしてきた相手は今パソコンをしてるのだ。
 ―男か女か知らないが、あるいは、この内容、作り話か本当か知らないが、世の中の秩序をこれ以上乱すような発言を恥ずかしげもなく書くなよな。検索すれば、陸の孤島だろうが、大海の一滴だろうが、だれかの目にとまるときもあるんだ。
 葉月は自分の口からガオーッと火が吐けるくらい怒ってしまった。
 ―どこが、秩序を乱すことになるのですか?
 ―おまえ、相当のもてないやつか、愚か者の暇人だろ。
 ―ここは、わたしのブログだよ。あなたのIPアドレス分かるからメモしておくね。気をつけてもらいたいのはあなたの発言よ。悪いけれど、一連のコメントは削除させてもらうからね。すぐに消すのは臆病者みたいでいやだし、それに、あなたも、この場で即、書いたものが消されるのは気分が悪いでしょ。では、明日削除するから。以上!
 そのように葉月はブログにコメントする。それからすぐにウインドウを閉じてしまった。
 仲間たちとのチャットも気分に乗れず降りてしまった。葉月のスピリチュアル、今後も低迷が続くのか? いやなサイクルにハマってしまったのだろうか?

スポンサーサイト

  • 2020.01.10 Friday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック