スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.01.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

小説 - さすらいの後藤田主任

 晩秋の夜、読み物でもいかがですか? 毎週金曜日、これからは、小説をのせていきますね。お魚ネタも毎日更新だと、乏しくなりそうです。

 短編1作品と少し長めの小説1作品(ジュニア向け)があります。投稿したけれどボツになってしまったものです。オヨヨ・・・。まずは、短編からです。

 よかったら読んでください。<(_ _)>

さすらいの後藤田主任
                作者 赤沢金魚 (るこのペンネーム)

  五月。連休明け時分のことであった。オフィス街では新緑といっても街路樹が、小さな、とにかくも、うすみどりの葉を出したぐらいで、季節感はそれほどさわやかに漂うはずもなく。小脇になにかをかかえたビジネスマンがくすんだ色調のビル内に入って行く。そこでは、最近契約したばかりの経営コンサルタントがはなはだ強く勧めるという避難訓練が行われていた。かけがえのない貴重な昼休憩を半分も裂いてしまうのだ。やがて火災報知機が鳴り響く。他のことはさておいて、まっしぐらに駆け出していく社員たち。電話番として三人ばかりが残された。やがて、けたたましいベルが鳴り終わると、そのうち女子社員が二人、落ち着き払って話し始めた。
 もう一人、男子社員が背伸びをしながら立ち上がり、二人のあたりまで来てふと見ると、一人が会話に入るように促した。噂話をするときはだれでも声のトーンを落とすものだ。しかもかなり早口に話しこんでいたから、なかなか話について行けなかった。
 内容はどうやら女子社員間ではしょっちゅう話題にのぼっている後藤田主任のことだった。後藤田主任は二十八歳最年少で幸運をつかみとり主任に昇格していた。
「部長のおかげで昇進したのよ」少々やっかみ半分でまんざら嘘にはならないだろうと憶測して言い放った。後藤田主任とは、長い髪を毛先でカールさせ肩の上に垂らせている美しい容貌の持ち主。部長のお気に入りと取り沙汰されているのは、まぎれもない明白な事実なのである。

続きを読む >>

| 1/1PAGES |